良い姿勢ができる効果?椅子で座りながら筋トレ


40代から筋トレを始める方にとってやりたい条件は、手軽・購入金額無し・時間自由でしょうか。
誰でも簡単に自宅できる筋トレの方法を紹介します。

膝や腰に負担かかりたくないと思いませんか。
椅子に座って筋トレできる方法がありました。
これも手軽・購入金額無し・時間自由の条件そろっていると間違いなしです。

1.いつも座っている椅子に座ります。(しっかりとした安定できる椅子でお願いします。転倒予防のためです。)
2.背中合わせできる姿勢をしてください。両手は椅子の手すりや椅子の底、机につかんで下さい。(椅子の背中と背中や腰をピッタリと深く座る姿勢で。)
3.両ひざをそろえて足をあげます。真っ直ぐにゆっくりとあげて、おろしてください。(5回ほど、膝や足に痛く感じたら、中止してください。)
4.慣れてきたら、ゆっくりと深呼吸しながら、片足をそれぞれ、上げ下ろしします。(各5回ほど、膝や足に痛く感じたら、中止してください。)

この筋トレの効果は、太ももの筋肉や内股の筋肉を鍛えることができます。また腹筋も。
なぜ、内股や太ももの筋肉や腹筋を鍛える理由は、良い姿勢につながっています。

内股や太ももの筋肉が衰えて、転びやすい状態になるそうです。その予防のための筋トレと考えてください。
先ほど筋トレの方法を紹介しましたが、椅子に座りながら、音楽聞いたりテレビ見たりして楽しく行えば、続くことも期待できます。
更新履歴