スローな動きで場所をとらない筋トレ

 

過去に道具などを使わず、スローモーションのような動きを取り入れた筋トレをしていたので、それを紹介します。

 

よく、腕立てや腹筋、スクワットなどをスローな動きでゆっくりと負荷を掛けながら少ない回数のトレーニングを
した経験があるかもしれませんが、私は筋トレの中に相撲の四股を取り入れ、下半身を重点的に鍛えました。

 

もちろん、これも出来るだけスローな動きですることでただ負荷を掛けるだけでなく、バランス感覚も養われます。
しかし、ここで重要になってくるのは正しい形の四股を踏むことです。

 

変わった形の四股を踏めば、腰などを痛めてしまうので私はインターネットの動画サイトで相撲中継や
練習状況の動画を見て正しい形でしていました。

 

まさかと思われるかもしれませんが、スクワットに似た感じで適度な負荷を掛けることが出来ますし、これといった場所もとりません。

 

参考ですが、足を上げた時に大きく息を吸い込み、足を降ろす時に息を吐き出すことを意識することで、
腹筋も多少ですが鍛えることが出来ました。

 

是非、実践してみて下さい。